6月

2018年08月27日[18:08:18]
いよいよタイトルを考えるのがめんどくさくなった



いろいろ落ち着いてホッと一息、6月は映画を3本観ちゃいました


と、言っても洋ちゃん2本と、onちゃん1本



1本目
2018060201.jpg
「恋は雨上がりのように」



さわやかな青春恋愛キラキラ映画でございます、眩スィー




原作の店長とあきらちゃんが出てきたのかっちゅうくらい、ふたりともピッタリ



あきらちゃん役の小松菜奈ちゃんがカワイイそして、カッコイイ




店長はフツーのさえないオジサンなんだけど、ラストでちょっぴりステキな店長になってた




観終わったあと、ふっちサンの周りにさわやかな風が吹きました





今回、久しぶりにフツーのヒトの役だったので嬉しかった



最近かなり変わった役が多すぎて(笑)






ポップコーンをパクパク食べながら観ていたふっちサン



おもしろいシーンが多すぎて大笑いしてたら



皮がノドにひっついちゃって、ムセルムセル




迷惑になってはいけないので、ロビーに出て



皮との奮闘に見事勝利して(大げさである)取れたのは良かったが



一番観たかった、店長とあきらちゃんの出会いのシーンを見逃すをいう残念






原因は分かっている…




店長の大学時代の友人の役で、シゲが出ていたのだ



やるナ、シゲ

(一切シゲちゃんは関係ありません……ってコトもナイ




店長とちひろがごはん食べてるシーンなんて


洋ちゃんとシゲそのままでした(それでいいのだ




ふっちサン、大満足の映画でした




2本目
2018061501.jpg
「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」


ワニがいたのでふっちサンもやってみました
2018061502.jpg


この映画のタイトル、何度聞いても覚えられない(笑)





最後までナゾは解けなかったんだけど、それでイイのかなって



なんとなく「そうなのかなぁ~」でイイのかなって




榮倉奈々ちゃんの全力の死に方に「プロ」を感じました(笑)




それと、やさしいヒトの役のonちゃん、イイんですの



だって、チームハンサムなんですから~




そして3本目は
2018062301.jpg
「焼肉ドラゴン」



とにかくオモニがうるさい(笑)



頭から叫ぶ叫ぶふっちサン圧倒されて、ちょい疲れた





対照的にアボジが寡黙…なんだけど



アボジの、家族への想いを話すシーンは、ふっちサンじーん




戦争とか差別の話って、ハッピーエンドにならないから



真実をしっかりと受け止めました(あ、ちょっとタクさんっぽい表現





最後はみんなそれぞれ出発するんだけど


この後起きる事がつらい事だと分かっているだけに


複雑なキモチでした




もっともっと、テレビで宣伝してほしかったなぁ…




あ…
洋ちゃんがチエちゃんのチチ、テツにしか見えなかったのは、ナイショで




スポンサーサイト

smarashi-毎日'18コメント:0 ◇ 


コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
Calender
03 ◇ 2019/04 ◇ 05

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


Recent Entries
Categories
Recent Comment
Links
Banner
      いかがでしょう
       ↓ ↓ ↓